あったかい朝とか

欲しいよねぇ。シロマです。

もう5月だぜ?寒くないですか?

 

f:id:sirorma:20180511084031j:image

 

家庭菜園くんはこんな感じでした。

順調に、どれがなんだか分からない状況のまま育ってますね。

葉ネギも生え始めたのかな?

 

なんか、やたらと眠い時期に突入しまして。

もー眠い眠い、耐えられない眠気。

 

「僕も頑張るよ」

「何を頑張るの?シロマ君、頑張ることとかあるの?」

「え」

「ごめんごめん、頑張りたいんだよね」

ってやり取り思い出して、かなり気持ち悪くなってしまった。頑張ることがないなんて、そんなこと、ないはずで。

なんだって、極めたら何かを得られるはずなんだ。

って、机上の空論言っててもしょうがないよね。

相手は僕を、見下してた。

操作しようとしてた。分かってた、それは、昔僕がやっていたことだから。

操作される側が、こんなにも不快で、苦い思いをしていたのは知らなかったけど。

あれに会わなかったら、僕は今も大学生やってたと思う。

 

あれに会って、恋して、なんやかんやあったから、僕は自分を再分析できて、変わろうと思った。

あれと、あれの元恋人か。

それから、そのまわりの人間。

 

200人、か。

 

また、いつでも作れる友人関係だ。

けど、もう終わりにしよう。

 

さて、倫理倫理。

元恋人をあれって呼ぶの良くないって?

分かるよ~、その気持ち。でも、じゃあなんて呼べばいい?

桜井日奈子?なんだっけ、あの、坂口健太郎、か。あれとも似てたよ。顔。ただ、なんか、なんだろ。心ここに在らずというか、思ってること全然分からない人間だった。顔、見れなかったのも悪いけどね。

 

 

ごめん。多分そのうち忘れるよ。

くれた、嬉しかった思い出だけ残れ。とか、都合のいいことを願ってしまうな。あれのことはもう、いいんだ。いつまでも、うだうだとごめん、あまりにも、楽しかったもので。

 

「兼愛・功利・非攻・節用」

 

過去などない、過去に戻りたいから過去と同じことを自ら進んで繰り返しているだけです 。

 

アドラーの、「人間はそんなに弱い生き物ではない」って言葉が、ずっと心に残ってる。

 

 

カイロプラクティック、行きたいけどどうなるか…。

 

 

にしても、まさか僕が生きる方を選ぶなんてな。

死ぬほうに全振りしたのに。

苦しみは味わうだけ味わったし、幸せもあれからたーくさんもらった。

愛してもらうのは2人目だったな。

恋人になったのは、ただの気まぐれだ。

失いたくなかったから。

 

 

夜と霧、読みたいなと思って、仕事前に図書館に寄ってみた。

貸出中だった。

 

『国を救った数学少女』ヨナス・ヨナソン(訳:中村久里子

『境域』デリダ(訳:若森栄樹

 

読みたいが、どう時間を作ろうか…?

まずは、今借りている本を返さなければ。ずっと、机の上に積まれているあれらだ。

10冊借りたが、そのどれも読了できていない。

 

この、2000文字を使って、読書感想文など書いてみようか?

 

とか、言ってたらめっちゃ喋る外国人に話しかけられて、電車の床指さして、「りざーぶ?」って。

え?なに?残る?これ切り離されるかどうかってこと?ってなりながらその人の荷物重そうだったし開けれないのかなって思って繋がってるとこの扉あけたら、君はそっち行かなくていいよみたいなこと言われました。英語で。

分かんねえwwwww

なんて話したらいいのか分からんかったけどまあなんかそのまま向こうの車両行っちゃったので、申し訳ねえ…って気持ちになりました。

異国語は困るなぁ…講義聞いてたから直前の会話も聞いてなかったのに助けたくなってしまった。

 

(リザーブを調べる)

 

 

予約、か…!!!!!

予約席じゃないよこれ!普通の列車だよぉぉぉ

どれも予約じゃないよ、ごめんね外人さん…。

 

単語力鍛えなきゃなぁ。

 

………はあ。

ああ、そうだ。

単語系のアプリ入れよっかな。

 

ははっ。

まだ早いや。

 

なんか、うん。勤務先に泊まることになりそうでつらいです。つらいむです。帰りたいなぁおうちに~~あれ、スマホの充電器とかあんの?

貸してや~~ってなる。

 

し、めっちゃ眠い。

 

一体どうしたらいいですか?僕は。

風呂って近くにありましたっけ?

 

トカゲくんに、「ここで寝るなら朝起こしてあげますよ。おはようのちゅーして。」って言われたんですけど、ホモなんですかね。多分…

こういうの、その場ではさらっと流して、後からものすごい困惑したりするの悪癖だと思います。うわぁぁぁぁってなります。

 

男3人に囲まれながら仕事を終えて、僕はもうへとへとです。女だったらと思うと、いやまあそっちのがまだ…いや、喋り疲れたからまだマシに思えるだけで、実際そうなったら僕は更に心労がかかると思うのでこれで良かったのかなぁ…。

これからお風呂して、職場帰って、って、え?

あれ?これ、まだ発車しないはずですが…?

変な時間に発車する列車だなこれ、大丈夫かな。

 

とか、Twitterみたいな使い方は自制しないとですねぇ。温泉行ったら、体からイイニオイがしますね。女みたいな臭い。

 

あー…ねっむ。

職場行ったら特等席があるんすよ、寝るための。

だから、それ…それ、を…

とっとけねーからなぁ。

ねみぃ…まじでねむい、即寝すると思います。

『幽麗塔』読みたかったなぁ。

でもこの眠気は無理かなぁ…寝ておしまいかぁ、あーぁ…前に座ってる人すげえ元カノに似てる。似た顔の人っているっすよね。

僕が、探しちゃってるのかな。

 

…似てる、なぁ……。

帰ろ。職場。

 

 

 

誰かに寄生して生きていきたい、という強い願望がある。

あるから、なにってわけではなく、僕の中に確実にある、と認識しただけだけど。

 

 

いきなりは変わらない。

 

 

 

 

 

というわけでー!

 

脳内カレッジのお時間ですぅぅぅ

 

とか、ゆうれいとー!とか、やった。

 

『幽麗塔』読了。

僕には、この物語は美しすぎる。

誓いを立てるのなら、僕は死神に誓いを立てるだろう。

僕は、この物語の誰にもなれない。

太一にも、山科さんにも、ジンバブエにも。

もちろん、まるべにもなれやしない。

僕は僕であらなくてはならない。

僕は、

 

 

僕は、僕は他人を

僕は、どうしたらいい?

僕は僕の夢を捨てることが美しいと感じてしまっている。努力など泥臭いと思っている。

何もしなくても、そこらの人間より出来る、とか、もう、そんな時代は終わったんだ。ゲームをしなくなって何もなくなって勉強もなくなって本も読まなくなって漫画も音楽もすべて僕から手を離したのになにを迷うんだろう。

 

なにとなにで、迷ってるんだろう。

 

 

新しい依存先が欲しい。

 

ああ、だが、それでは、また僕は。

どこへ向かえばいい?

今はとても苦しいよ。

僕は誰を目指せばいい?誰かを羨んだことなどない。諦めていたから。希望など持たなかったから。

僕は僕しか知らない。本当に狭い世界しか見てこなかった。見たくないものから目をそらし続けた。僕は

 

 

 

僕はもう、自立しなければならないのか。

 

 

 

 

じゃあ、俺寝ます。

ゆうきゆう先生の本も読めたし。ギャンブル、電車、えーと…ああ、ポジティブな人間のそばにいろ、だね。

俺がポジティブになればいいんだよね。

意識してた頃を思い出すな。

 

おやすみなさいやせ。