変化を

 

さて、おはようございますシロマです。

本日も素敵によろしくお願いします。

 

《時間》

f:id:sirorma:20180602040556j:image

 

4時起きです~よ。

外の鳥がめちゃくちゃに鳴いてます。

 

さて、じゃあ学習に入りましょうか。

体調が良すぎて若干困惑してます。

 

《古文》

f:id:sirorma:20180602043101j:image

 

《幕間》

じゃあ、寝ます。

いきなりがっつりやると後でまたがっつりお釣りがくるので、ちょっとずつ慣らします。

 

にしても、寒いですね。

もう6月ですよ、まあ、片付けしやすいからいいんですけど。暑いと虫が怖くなってやりにくいですから。

鳥も大人しくなりましたし…もっと学習がしたいんですけど、寝よ…

 

起きたら何しようかな、数学かな?

 

(朝活を調べる)

 

…空……

あ、起きた時は暗かったから電気つけたのに、もう電気いらない程度に明るくなってる。

今度は、起きてから、日の出を見るのもいいかもしれない。

 

f:id:sirorma:20180602045059j:image

……おやすみなさい。

 

f:id:sirorma:20180602081843j:image

うわ。

おはようございます。親の声掛けで起きました。

 

さっきはなかった筋肉痛が出てるので喜びました。

 

《英語》

f:id:sirorma:20180602094351j:image

中3っすね、

f:id:sirorma:20180602094656j:image

これは中2ですけど、難しかったです。

15分かと思いました。

 

(もう一度間違える)

…あ、6時まであと15分か。to sixだもんね確かにね。

 

《車》

f:id:sirorma:20180602103305j:image

ラパン、僕が欲しいのはXでした。

iPhoneもラパンもX…

車はマークXかな!とか思ったけど、ラパンが車なので車二台持ちですね。

 

《風景》

f:id:sirorma:20180602103154j:image

残念っすねその間違いは…。

 

f:id:sirorma:20180602111441j:imagef:id:sirorma:20180602111445j:image

f:id:sirorma:20180602111450j:image

カンパーニュでっかいですね。

 

《写真》

f:id:sirorma:20180602213324j:image
f:id:sirorma:20180602213320j:image
f:id:sirorma:20180602213314j:image
f:id:sirorma:20180602213327j:image

 

《独り言》

変化を求め続けなければ。

僕は、彼女に会ったらきっとキスしてしまう。

意味もなく抱きしめて、謝罪して、愛を囁くと思う。今までのこととか、僕といなかった時間何してたかとか、全部聞いて、それで、親に紹介して、1回も彼女を入れたことがない部屋に連れ込んで。

離して、って言われるまで、抱きしめ続けてると思う。

 

復縁なんてありえない、僕はもう彼女を信じることが怖い。

それを頭は理解してるのに、あのやわい体を抱きしめたくて堪らない。恋人繋ぎのようにして手を絡めあって、愛してる?って聞かれたら、愛してるよって言って、本当にそうなんだろうか、って心の中で自問して、自問には答えが出なくて、

 

こんなくだらない、妄想をしても、君はもういないし、でも、こうして君のことを考えてると僕はなぜか安心するんだよ。

僕は僕の心から君を消したがっていた。でも今は、消えるのが怖いと思ってるんだろうね。いつもないものねだりして、困らせてごめん。

 

好きなのか分からなくなって、これが恋心なのか依存なのか分からなくなって、君を愛しいと思えなくなって

 

《音楽》

凛として時雨の、Kalei de scope。

 

《英語》

f:id:sirorma:20180602213243j:image

f:id:sirorma:20180602213350j:image

 

《食事》

f:id:sirorma:20180602214905j:image

 

共感覚

宮沢賢治は、音楽を聴くと情景が浮かぶ共感覚…、と、聞いて。当たり前じゃないことに驚いた。

 

《独り言》

僕はどこか決定的に狂ってて

それを、彼女に打ち明けられなかった。

なんていえば良かったのか、今でも分からない。

僕は、君を使って普通に触れようとしたけど、それは君を狂わせることになってしまって、君は病んでしまって普通から離れてしまって、僕に近付こうとして僕はその君の気持ちが理解出来なくて君を元の方向に操作しようとして

僕は、実は、解離性同一性障害で、なんて、言えなかった。

 

言ってどうなることではなかった。

彼女は病んで、助けを求める人間が嫌いだと言ってた。面倒なことが嫌だと言ってた。

 

《読書》

押絵と旅する男』途中まで。

 

《独り言》

彼女といる僕は、僕ではなかった。

 

どこまで僕は君を傷つければ気が済むんだろう。罪悪感を覚えるようなことは、ひとつもしてなくて。でも僕は、確かに君を傷付けたはずで。君の綺麗な肌に、一生消えない傷を残したかった。

病気になれば…

そう、僕は、君のことを全然考えれてなかったね。君の幸せを願うことが難しかった。

考えれば考えただけ、深みにはまるようなそんな恋だった。

 

 

君を僕の所有物にしたくて。

 

君は、今日という日を、幸せに過ごしているかな。僕は、次の恋をしたら君をすっかり忘れてしまうのかな。未来のことはわからないけど、ただ、今は、この想いをのこしておくね。

 

《英語》

f:id:sirorma:20180602213658j:image

これ、何回も間違えるから覚えておきたい。

 

《写真》

f:id:sirorma:20180602213523j:image
f:id:sirorma:20180602213539j:image
f:id:sirorma:20180602213516j:image
f:id:sirorma:20180602213520j:image
f:id:sirorma:20180602213512j:image
f:id:sirorma:20180602213533j:image
f:id:sirorma:20180602213529j:image
f:id:sirorma:20180602213509j:image

 

《独り言》

今日が終わればまた、君と心が離れるから。

君から心を離すから。だから、今日だけは。

 

と、思ったけど、

ぐじぐじしてると心が荒むので、

f:id:sirorma:20180602160046j:image

現時点で、一区切りで。

 

1日考えようと思ったけどきつい。よく1年耐えたな、よく壊れずにいたと自分を褒めたい。

 

さーて!休日たのしみまっせー!

 

《写真》

f:id:sirorma:20180602213841j:image
f:id:sirorma:20180602213849j:image
f:id:sirorma:20180602213846j:image
f:id:sirorma:20180602213835j:image

 

《読書》

『人生がうまくいく哲学的思考術』著:白取春彦

 

はじめに、と、もくじだけで、泣きそうになりました。

 

 

子供の頃に描いていた僕の人生は、20になる前に終わっているはずでした。

ですが蓋を開けてみれば、22の今、まだ僕は地に足をつけて…るかは断言できないですが、なんにせよ、しっかりと生きています。

きっと、昔の僕には怒られると思いますよ。

約束したじゃないか!と。

そのために今頑張ってるんだ!と。

ごめん、僕、恋をして、変化を望むようになったんだよ。前に進みたくなったんだ。

だから、君とは分かり合えないよ。

でも、君は幸せになるから。約束するよ。

だって、今から僕は、自分を幸せにするんだからね。

 

白取春彦さんの本、30冊Yahoo!ブックストアにあるのか。買い漁って全部読もうかな。

 

《呟き》

あー…結婚したい。

 

《独り言》

親に、彼女のことを話しました。

いつか、交わってればいいのにね、と、言われました。

淡い期待を持ち続けても、辛いだけだと思っていましたが、なんでかその言葉で救われました。

僕のことを考えての言葉だと分かるので、尚更、胸に来て。

 

あーあ。好きになったのにな。

 

残念でなりませんね。本当に…泣きそうです。

馬鹿ですね、相手からは、ただの気持ちいい相手だと思われていたと、何回言い聞かせても、そこに愛情があったかとか、考えても分からないことを探して苦しむなんて。

女々しいのは嫌なんだけどな。

 

《ネット》

f:id:sirorma:20180602214449j:image
f:id:sirorma:20180602214453j:image
f:id:sirorma:20180602214457j:image

最高に気分がいいです。

僕、シロマだから、シロクマとかもいいですね。うさぎだけじゃなくて。ワラビーも好きですよ。

ははっ

 

《独り言》

なんか、疲れました。

振り返っても、疲れて当たり前だとしか思えませんね。

 

言いたい言葉は、ひとことだけ。

 

おめでとう。

 

じゃ、寝ます。

はは…好きです。ごめん、まだ、好きです。

尊敬してます。

 

考えないようにしてた僕は間違ってないのかもな。

これじゃ、前に進めない。というか、考えると思考がおかしな方向へ向かう。自分が自分でいられなくなる。

 

ははっ…ああ。

抱きしめたい。君の苦しみを分かち合いたい、でも、僕にその権利はない。他の人と幸せになりたいと君が望むなら、僕はそれを、応援しないと。

 

どうかどうか、心から笑っていられますように。

 

どう、割り切れっていうんだろう。自分を高めるしかないのかな。自信をつけて?

 

 

おやすみなさいやせ