115

僕の人生が終わる、シロマです。

 

f:id:sirorma:20180820221029j:image

はやいなぁ。

もう、終わるんだ。
何も出来ずに終わるのかな。
やっぱそれは少し残念だな。


恋人でも、なんでもいい。
刺激を。
生産的ななにかを。


勉強したい。


f:id:sirorma:20180820221044j:image

朝ごはん


f:id:sirorma:20180820221048j:image

と、お昼ご飯を買いました。


f:id:sirorma:20180820221055j:image

絶好調かよ。

 

で、昼は何故かトカゲくんと一緒に入りました。いや、意味が分からんかったけどね?なんで一緒に僕らが入るのか。

一緒に入ったら僕の心が休まらないやん?

で、夢女子の話と超会議の話を聞きました。あしぶとぺん、た?さん?かな。その人の話とか。

姫も可愛かったですよ。

僕だけに笑うところが。

あと、トカゲくん、僕が土日ニコ動とpixiv見て一日を終えていそう、とか。言ってたよと。ふざけんなよと思いました。

何年前の話ですか?今はしてませんよ流石に。

今は…何してんだろうな、YouTubeになったかな?

だって、ニコ動とか見ると病むやん?

考えてもしゃーないことなんか、考えたくないしな。

 

まあ、なんだろ。

仕事中は、夢女子がヘラってまじでウザかったかな。死にたいとかずっと考えてたらしいよ。こええ。

それで僕に依存してくるのもやべえ。

話を聞いたら、なんと精神病持ちですと。

なんと、精神安定剤飲んでますと。

なんだっけ、カタカナ3文字の…忘れた。

デルタ?違うなこれ。

 

ヘラってたから、夢女子の好きなバンドの話して、心を浮かせてあげて。ケアしてあげました。まあ、元気だして頑張ろうね、と。

 

とにかく、うるさかった。

で、一緒に音ゲーしに行って、ケーキ食べようぜって言ってケーキ食べて。

カツが食べたいっていうからかつ食べた感じ。

 

女と2人で遊ぶのはあんまり得策じゃないとは思うんだけどなあ。まあ、友達だし、今回はモンのすごく凹んでたから特別です。


f:id:sirorma:20180820221019j:image

いんすた〜?


f:id:sirorma:20180820221009j:image

ばえなーい。


f:id:sirorma:20180820221051j:image

照明が暗いんだよなぁ、多分。

そのくせ、僕が夢女子の方向くとえげつなく光がさしてくる。なんやねん。


f:id:sirorma:20180820221026j:image

どんだけ食べ歩くんだよってくらい夢女子と食べ歩きました。

喋ってると疲れるからやっぱりJKを連れてきたい。まあ大半聞いてんだけどな。

でも、今回はかなり楽しかった。

終了時間も早かったし。

 

ご飯食べに行くってのもいいなぁって思いました。


f:id:sirorma:20180820221033j:image

れとくんは、僕といつでも歩いてくれるらしく。

 

花火大会、の萌えエピソードが沢山ありすぎてつらい。

てか、色んな場面を夢女子に目撃されててきつい。

「れとくん、シロマさんにめっちゃイケメンなこと沢山してましたよ!」

『僕にしても意味無いのになwwてか、そんなことされた覚えがねえや』

「あたしがラムネ全部のんじゃって、そしたら、俺のいります?って自分の飲み物渡してて」

『イケメンんんんん』

「そしたらシロマさん、ありがとー!って言ってぐびーーって一気飲みして」

『ええwwww草www自重しろよww』

「めっちゃれとくん笑ってましたよ!」

『そりゃ笑うわwwwてか全然覚えてねえ…(嘘)。何もらったんだ僕』

「ヨーグリーナ」

『(覚えてんのこっっっわwww)良く見えたねそんなのwww』

「あと、2人でこっち来る時もずっと背中を手で支えてたし」

『それはまじで覚えてねーわww』

「階段とかも手繋いでたし、あんなんされたら誰でも堕ちちゃうよって」

『あーそりゃそうだわ…』

「あと、席、シロマさんがここがたがたしてて座りにくいって言ったら、俺の方座ります?って立ってくれてて」

『そうだっけ…?(覚えてる)』

「そしたらシロマさん、いいわいいわーって断ってて」

『ワロタwww代わってもらえよwww(あれはもう供給過多とまじで動けないのと小動物の隣が嫌だっただけ。てか、夢女子とれとくんをくっつけたくなかった)』

 

てな感じで、全ての萌エピソードが夢女子に知られています。怖いわ。

 

夢女子は、

「ごめんなこんな、うちが隣なんて、気にせんといてな」

「気にするよ」

ってやり取りだけでめちゃくちゃキュンキュンしてたらしいのに、僕はそれ以上の

 

2人で花火を見る

妹に恋人と間違われる

友達の親戚に恋人と間違われる

最終的に、恋人ってことにしときますかって言われる

飲みかけのペットボトルもらう

2人で抜け出して買い出し行く

酒を奢ってもらう

2人で酒を飲みながら盆踊りを見る

前に話してたことを覚えててもらってて、帰りの時間の心配をされる

車から助けてもらう

手を繋いで階段を降りる

席の座り心地の心配をしてもらう

帰りの計画を立ててもらう「そこまでは俺が送るわ」

車から助けてもらう(2度目)

『お酒飲むと楽しくなるよね、途中からよく笑うようになった』「それは仲良くなったからじゃないすかね」会話

満腹でーす。何度思い出してもいい思い出です。

覚えてないていにするのがムズいくらいっすね。


f:id:sirorma:20180820220959j:image

いいスタンプだ、僕に似合うぞ


f:id:sirorma:20180820221012j:image

こー、


f:id:sirorma:20180820221038j:image

これはなにかな?


f:id:sirorma:20180820221005j:image

えび生存。長いね?


f:id:sirorma:20180820221016j:image

いい名前だねぇ


f:id:sirorma:20180820221002j:image

その、心の臓に剣をさすやつ。とても素敵だよ


f:id:sirorma:20180820221041j:image

構図


f:id:sirorma:20180820221022j:image

やるつもりだったけど、これはまあ気が向いた時にするよ。

 

おやすみなさいやせ