159

こんにちは生き延びたシロマです。

 

f:id:sirorma:20181201224047j:image

《起きた時間》
まあ、こんな感じで。
6:10に目が覚めたりしたんですが。それで、寝たら蚊が手に大量にとまる夢を見たりしたんですが。リアルでも、家事してたら(昨日の台風によりおかしくなった簾の修理)蚊に襲われまくりましたがね。


《ぶつぶつ》
10月ですね。やっぱり、1日に10件とかやろうとするのが無謀ですね。


《ご飯》
早起きしたんですが、やっぱり何かを頼まれますね。
これが嫌で僕はいつも寝坊組だったんですが。まあ、いいか。


《移動》
人の話を聞くのが最善だと分かってるので、今日は、今日こそは人の話を聞く役になろうと思います。


《ゲーセン》
もうさ、お腹壊したんだけど?お前のせいだろ。ふざけんなよ。


《休憩》
なんでこんなにも僕は無力なんだろ?いらいらさせんでください。ただでさえ、寂しそうとか言われて萎えてんだからさ。充実してるよ?僕。就職したらいいんだろ?分かってるよ。安定してほしいんだろ?


《つかれ》
ご飯全然楽しくなくて草。
楽しかったLINEもなんかもううざいです。ごめんね?本気で面倒。家でLINEしてろJK、って感じです。なんでご飯行った?うざ。寝るわ。


《昨日》
昨日1日全部すっぽかしたらまた習慣がなくなった。
日記だけだよ僕の心の頼りは。あーやだな。就職したくないなぁ。めんどくさい。


《あーあ》
夢女子疲れがひどい時にJKの相手は無理だわ。帰りたかった。無理無理。なんで僕を話しやすい人間とするわけ。面倒なんだが。話さなきゃいいわけ?は?


他人の悪口なんか僕言わなかったのにな。
元に戻りたい。


そうだ、彼女とのことを、この頃思い出してる、
これも、良くないや。彼女なんて、必要ない。
いたら、そりゃ、
でも


まずは僕が、しっかりしなきゃ。
ねえ、かわれているかな。
君の目からぼくはどううつるの?
好きだったよ、依存した。苦しかった、ずっと不安で、不満で、君の不幸を願った。JKも、そうなんだって。
ごめんね。今更遅いけど。
僕がいない世界で生きられない君にしたかった。思い出すんだよ、君のこと。泣きそうになる。どうしようもなかったと思おうとしてもやっぱり、君を忘れられないんだよ。
分かったつもりになりたい。
僕は、どうなりたい?
愚痴なんか言いたくないし忘れたいし楽しく、嬉しく、幸せに、生きていきたい。


僕は、話しやすいよ。もちろんだよ、誰のことだって、受け入れて、楽しそうに笑ってるから。みんな、調教性がないだけだよ。僕みたいになれないのかな。
まあ、そんなの、求めてもいないけどさ。
あの男の子は似てた。でも、期待はずれだ。あまりに、あまりに…他人主義すぎる。他人がよければいいなんて、そんなことあるわけない。自分のことを、考えてなさすぎる。自分なんかないみたいな、そんな生き方をしてる。
あれじゃ、早死する。かわいそうだ。僕にはどうにも出来ないけど、出来るだけ関わらないようにしてあげるよ。きっと君は、人間が嫌いだからね。僕もだよ。他人が嫌いだ。だから、僕は他人を信じてない。
違うな、いや、でも、そうだ。
僕は、僕の本音を誰にも言えないんだ。


はは。


ここでしか僕は、息が出来ない。
吸えない息を、吐き続ける。そんなことをしたら、すぐに息苦しくなるのなんか、誰にだって分かるのにな。
僕は、僕として生きたい。だから、僕は、


救ってよ、ねえ、すぐに僕の手を握ってよ。
それで、大丈夫だよって優しく囁いて、一緒に眠ってよ。
起きたらいなくなっていて。
僕に、現実を生きさせて。


君のきれいな字が好きだったんだ。
ノート、ありがとう。
ね、れとくんも、綺麗な文字なんだよ。


大好きだよ。君だけでいい。
君の嫌なところを全て忘れた。もう君の、いいところしか覚えてないよ。ね。僕は幸せだよ?君は?
受験、頑張れた?
君のことだから、頑張ったんだよね。
素敵だよ、ねえ、


さようなら。


過去とは、決別すべきだ。さようならと、ちゃんと口にすべきで。僕は、僕のままで、生きてきたんだ。


ねえ、愛してるんだよ、僕は、僕の過去を。
その過去が僕を育ててくれたから。それでいい。
僕は今の僕を受け入れるよ。


大学もやめて、仕事もやめて、ちゅうぶらりんな僕を。


来週は、僕はれとくんと一緒なんだ。
だから、夢女子のことを忘れて、楽しもうと思うよ。
あの子がどんな生活を送ってるのか聞きたいなと思う。


本当に、疲れたんだ。
本当に…だからもう、何も考えずに日々を過ごしていた。だけど、そうしたら、考えなきゃならないことからも、逃げ出してる自分がいた。
もう、決めなきゃいけないんだ。


土日だけこっちの仕事に顔を出したいかな。

 

じゃあ写真群どうぞ
f:id:sirorma:20181201224133j:image
f:id:sirorma:20181201223948j:image
f:id:sirorma:20181201224213j:image
f:id:sirorma:20181201223745j:image
f:id:sirorma:20181201224150j:image
f:id:sirorma:20181201224129j:image
f:id:sirorma:20181201224012j:image
f:id:sirorma:20181201223721j:image
f:id:sirorma:20181201223741j:image
f:id:sirorma:20181201224146j:image
f:id:sirorma:20181201223953j:image
f:id:sirorma:20181201223901j:image
f:id:sirorma:20181201223824j:image
f:id:sirorma:20181201224035j:image
f:id:sirorma:20181201224042j:image
f:id:sirorma:20181201223609j:image
f:id:sirorma:20181201223927j:image
f:id:sirorma:20181201224101j:image
f:id:sirorma:20181201224124j:image
f:id:sirorma:20181201223707j:image
f:id:sirorma:20181201224159j:image
f:id:sirorma:20181201223809j:image
f:id:sirorma:20181201224137j:image
f:id:sirorma:20181201223619j:image
f:id:sirorma:20181201224104j:image
f:id:sirorma:20181201223625j:image
f:id:sirorma:20181201224004j:image
f:id:sirorma:20181201224032j:image
f:id:sirorma:20181201224038j:image
f:id:sirorma:20181201224018j:image
f:id:sirorma:20181201223651j:image
f:id:sirorma:20181201224117j:image
f:id:sirorma:20181201223636j:image
f:id:sirorma:20181201223647j:image
f:id:sirorma:20181201223631j:image
f:id:sirorma:20181201223828j:image
f:id:sirorma:20181201224121j:image
f:id:sirorma:20181201223956j:image
f:id:sirorma:20181201223612j:image
f:id:sirorma:20181201224050j:image
f:id:sirorma:20181201223932j:image
f:id:sirorma:20181201223643j:image
f:id:sirorma:20181201224142j:image
f:id:sirorma:20181201224109j:image
f:id:sirorma:20181201224024j:image
f:id:sirorma:20181201223615j:image
f:id:sirorma:20181201223841j:image
f:id:sirorma:20181201224207j:image
f:id:sirorma:20181201224029j:image
f:id:sirorma:20181201223817j:image
f:id:sirorma:20181201224000j:image
f:id:sirorma:20181201224114j:image
f:id:sirorma:20181201224055j:image
f:id:sirorma:20181201223802j:image
f:id:sirorma:20181201224203j:image
f:id:sirorma:20181201223654j:image
f:id:sirorma:20181201223910j:image
f:id:sirorma:20181201223905j:image
f:id:sirorma:20181201223852j:image
f:id:sirorma:20181201223944j:image
f:id:sirorma:20181201223700j:image

 

 

おやすみなさいやせ